かわゆいカメ達

アクセスカウンタ

zoom RSS ツボカビ病

<<   作成日時 : 2007/02/11 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

ちょっと亀の話題からそれちゃいますが、カエルの話を。

昨日の東京ですが、夜雨がザーッとふりました。
で、その雨が止んだあと、コンビニに買い物に行ったのですが、
その途中の道端で、なにやらうごめく生き物らしきを発見!
よーくみると、でっかいカエルでした。雨が降ったので起きてきたのでしょうか。
暗くて良く分からなかったのですが、15cm以上はありそうなデカいカエルでした。

でも、歩道のところだったので、私も一瞬踏みそうになったようなところであり、
このままでは人が歩いてきたら、踏まれちゃいそうだったので、急遽カエルの
移動をすることに。
といっても、カエルの扱いは慣れていないので、どかっと掴んで、、
というわけには行かず、お尻をツンツン指で刺激して、ちょうど近くにあった
庭のある大きい屋敷へ誘導することに。

そのカエルさんはお尻をツンツンされると、クゥェ!クゥェ!と
ちょっと表現しづらい威嚇声を出しながらも、10分ぐらいかけて
屋敷のお庭へ無事移動することができました。

で、そんなことがあったので、ふと思い出したことが、今日本のみならず、
世界の両生類へ大きな脅威を与えているという、ツボカビ病のことです。

ツボカビ病は先月、日本でも確認された両生類に感染する病気とのこと。
素人の私がいろいろ書いても誤解を招くので、下記URLをご参照ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~zb4h-kskr/alien-s/tsubokabi.htm

ツボカビ病については、確か両生類を飼っていらっしゃる方のブログで知りました。
というのも、ちょうどその頃ですが、ビバガの飼育カタログを見ていて、
「アメフクラガエル」というカエルを見て、すげぇー!かわえぇ!って思い、
フクラガエルについてWebで調べていたので、知ったのです。

亀は爬虫類だから、って人事ではないと思いました。
亀にもこういう恐るべき感染症がいつ蔓延するか分かりませんし、
日本のカエルにこのツボカビ病が蔓延すると、日本のカエルが絶滅するかも知れません。
そうなると、日本の生態系にも相当な影響がでるのは間違いないので、
とても恐ろしいことだと思いました。

私が昨日お尻をツンツンしたあの大きなカエルは大丈夫だろうか。。

で、今日の画像は、日光浴しながらミカンを食べるしんちゃん。
しんちゃんはミカンが大好き。カボチャもそうですが、
暖色系の色には反応が良いようです。
画像


小松菜の中ぐらいの葉っぱを食べた後にも関わらず、ミカンを一房完食しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
爬虫類や両生類を扱っているショップに行くとツボカビ病についての張り紙が見られますね。カエルが減るとカエルが食べていたボウフラなどが異常発生したり、カエルをエサとしている小動物(ヘビ・ねずみなど)が激減するって言いますよね。いずれにしても生態系に大きな影響となりそうです。
しかも爆発的に増えていくということなのでとても心配です。
で、カメさんたち、黄色って好きな色なんでしょうか?タンポポしかり、菜の花しかり。
AKI
2007/02/12 00:46
私も心配しています。
かえるが嫌いな人は、喜んでいるとかいう話を聞くと
悲しくなります。自分に合わない嫌いなものは排除するような考えは危険です。そんな小さなことではなく
ほんとに生態系の変化は、必ず返って来ます。
かえるも生き物です命です。
嫌わないでというのは、無理でも
嫌いだから消えてみたいな考えは悲しいですね。
wabinosuke
URL
2007/02/12 00:57
私は新聞でツボカビ病を知りました。恐ろしいですねぇ〜 カビの絶滅なんて不可能だから、外で発生したら大変な被害ですね。
いつの日か日本での発生が心配です。

しんちゃんも黄色が好きですか。うちにもタンポポの花だけ好きなヤツがいます。
moro
2007/02/12 07:37
そんな恐ろしい病気があるんですね。広がらないよう気をつけてほしいです。
しんちゃんみかん好きなんですね。やっぱり色は、識別できるってことですよね。
ウキキ
2007/02/12 11:52
しんちゃんはいつ観てもウツクシイ。。。

新種?の感染病ですか、、、
今までなかった病源体は文明が齎した副産物です。
地球温暖化問題も含め建設的に改善される事を願うばかりです。
inosan
URL
2007/02/12 12:00
カエルつんつんされてはこんだんですね^^。おそろしい病気が次から次とまたでてくるんですね?は虫類は大丈夫か?
しんちゃんみかん食べていますね〜やはり品がありますね〜うちのやつらもきた時は感じたんですが、、、今は、、、きっと飼い主に似てしまうんでしょうね〜、、、しかたない、、
kajikaji
2007/02/12 16:42
今存在してる生き物は何の種類でも絶滅して欲しくないです。
動物を輸入するのって病気も輸入してしまう可能性もあるので恐ろしいですね。ちょっと考えてしまいます(苦笑)
ああ、みかんとしんちゃん・・・癒されます・・・(´ー`)
げる
URL
2007/02/12 19:37
テレビで特集しているのを見たことがあります。
感染し死んだカエルはとてもかわいそうな姿でした。
これ以上蔓延することがありませんようにと祈るばかりです。

リクガメさんと黄色・・本当に絵になる♪

2007/02/12 21:08
ツボカビですか。。。
うちの職場の人はほとんど知りませんでした。
が、カメは毒もってるべ!っていう人はいました。
サルモネラですね。まぁサルモネラは人に感染する事もあるけど、ツボカビは人には感染しないようですね。
人に感染しないならいいや、って思う人もいるかもしれないけど、それでカエルが日本から消えてしまうのはあまりにも酷すぎます。
KOJI
URL
2007/02/12 22:43
BJさんの方でもカエルが冬眠明けしましたか。今年はやはり早いですね。
ツボカビ病、私、去年末に爬虫・両生類の獣医学ワークショップというのに参加したときに初めてその話を聞き衝撃を受けました。感染率致死率の高さ、治療法がないこと、また特に野生個体群に感染した場合は手の打ちようもなく既に絶滅した個体群がいくつもある、という内容でした。その段階ではまだ国内では発症例は発見されていないけれど、時間の問題でしょう…と言われていて、早急に発症時の対策マニュアルを作っておかないと大変なことになると、専門家からがSOS出されていました。ショップや飼育者が知らずに飼育水をそこらの排水溝に捨てるといったことでも野生個体に感染が広がる可能性があるそうですので。ホントに怖いですね。
ねーる☆彡
2007/02/13 16:15
AKIさん、こんばんわ。
そうですね。1/12に日本で見つかって発表されたのですが、早いショップでは13日から、販売自粛をしていました。未だに販売自粛とか対応をきちんとしていないショップもあるかも知れません。ともかく怖い病気ですね。
黄色とか赤とか、亀さんは好きですよね。なぜだろう。美味しそうな色なのかなぁ。。
BJ
2007/02/15 22:42
wabinosukeさん、こんばんわ。
本当にそう思います。カエルが居なくなって喜ぶような人は、命を軽視しているのではないかと思ってしまいます。嫌いなのはしょうがないですが、居なくなっては生態系に大打撃となります。リクガメを飼うようになってから、他の生き物にもとても興味がわき、命の大切さを少しだけかもしれませんが、学んだような気がします。どんな生き物だって一生懸命生きているんだと思います。
BJ
2007/02/15 22:45
moroさん、こんばんわ。
そうですね。カビの根絶は殆ど不可能でしょうね。感染したカエルを飼ってた飼育者が水槽の水などを殺菌などせずに捨てていたとしたら、もう日本の自然界へツボカビが流出している可能性も高いのではないでしょうか。。かなりやばいことになりそうです。
家のしんちゃんは、タンポポとか菜の花、カボチャ、ミカンなど、黄色いものが大好きです。
BJ
2007/02/15 22:47
ウキキさん、こんばんわ。
そうですね。とても恐ろしい病気だと思います。あまりネガティブになりたくないですが、感染したカエルを飼ってた飼育者が水槽の水などを殺菌などせずに捨てて居ると思われますので、広まってしまいそうです。
色は識別できていると思います。特に太陽の光の下では正しく色を認識できると思います。蛍光灯下では色の識別が狂うかもしれませんが。
BJ
2007/02/15 22:49
inosanさん、こんばんわ。
そうですね。オーストラリアや南米では既に確認されていて、ほぼ絶滅してしまった両生類などもあるようで、とても怖い病気です。
温暖化もあいまって生物の生態系がとても乱れていると思います。亀の生息地の気候も変わり、生息数が減っているとも思われます。
BJ
2007/02/15 22:50
kajikajiさん、こんばんわ。
そうですね。とても恐ろしいです。もうオーストラリアや南米、ヨーロッパでも確認されており、相当な被害が出ているようです。日本では広まって欲しくないですが。。
で、しんちゃんはミカン好きですね。たまにしか上げないですが、大喜びでがっついていました。
BJ
2007/02/15 22:51
げるさん、こんばんわ。
そうですね。今居る種に関しては保全して欲しいです。亀についても、亀だけ輸入するわけにはいかず、皮膚に居るような微生物も一緒に輸入されます。つまり、亀を取り巻く微生物やバクテリアも含めて輸入する、っていうのが事実ですよね。だから飼い主としてはそういったことにきちんと理解しておかなければならないなぁ、と思いました。
しんちゃんがミカンを食べるのを見ると私も癒されます。
BJ
2007/02/15 22:53
唯さん、こんばんわ。
そうですか、テレビでも特集やっていましたか。私は1/12にWebで知りました。とても怖いですね。これ以上蔓延して欲しくないです。
黄色は映えますね。特に太陽光の下で写真撮ってますので、本来の色がとても鮮やかに出ていると思います。
BJ
2007/02/15 22:55
KOJIさん、こんばんわ。
あはは、「カメは毒もってるべ!」ですか。。サルモネラについても、ミドリガメだけ叩かれていますが、結局他の亀だってもっていますし、清潔にして手を良く洗うなどの基本的なことを守っていればそれ程恐れるものではないと思っています。
日本でカエルが居なくなるとしたら、、とても寂しいことです。あってはならないことだと思います。
BJ
2007/02/15 22:57
ねーる☆彡さん、こんばんわ。
そうですね。もうカエルが目を覚ましているようです。私もあらためてねーる☆彡さんのブログをさかのぼって拝見させていただきました。あのワークシップで既に警告されていたのですね。日本にある爬虫類ショップだって全てが万全の知識を持っているとは到底思えないですし、排水溝に水槽の水を殺菌せずに捨てているケースがかなりあると思います。1/12に日本でもツボカビ病発見、のニュースが流れた後、私もショップのWebなど良く見ていたのですが、早いところでは1/13に既にカエルの販売自粛し全在庫のカエルを病院で検査する、と発表したショップもありました。そういったところは意識が高いと思いました。
BJ
2007/02/15 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツボカビ病 かわゆいカメ達/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる